読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インド道

インドで私は生活をする。

2016年12月31日の夢

毎年実家の青森に帰るのは、日課で

去年の年末は特別だった。

 

東京で青森のイベントをやる準備をしていた。

 

その為、先にアポをとり年末にご挨拶や商品の打ち合わせをしよう!と意気込んでいた。

 

看板を描いてくださる方

ケーキを焼いてくださる方

場所を借してくださる方へ

 

お願いしていた人は既にいらっしゃり

 

後戻りできない状態だった。

 

日にちがせまっている。

 

今後こうしたい、ああしたいと考えていた。

 

-------------------------------------------

 

2016年 12月31日

悪夢をみた、、、。

どんな夢かはどうしても思い出せない。

けれど、起きた時の恐怖の余韻が物語ってた。

 

起きた時に、ふと今後のことが気になった。

 

脳の中の私が恐ろしいことをつぶやく。

 

『東京でイベントをやるのは今後に繋がらない』

 

なんというコトを!!!

 

ただ、その瞬間、スッキリした。

 

もしかしたら

思っていたことを封じていたかもしれません。

 

イベントはできる。

 

でも自分の今後に繋がらない。

 

『誰かのためになれることは素敵なこと』

これはあてはまるけど

 

『自分のためになること』

これが低かった。

 

やりたいことかな?

 

そう感じた時

 

これではないと思った。

 

【明日死ぬならどうするか】

 

単純ですが、この問いをした時に

 

私は海外のことを考えた。