インド道

インドで私は生活をする。

信仰と生命力

イスラム教をちらほらと調べていた。

 

今後、様々な国に行くなら理解しなきゃなあと思いまして。

 

女性の黒いベール

 

一夫多妻制

 

お祈りの時間

 

 

黒いベールに包まれてる女性ってミステリアスだなって思う。

そして、目だけしか見れないのに、

美人なんだろうな

 

と何故か想像させる

ほぼ美人だからそんな文化にさせてんのかなーて。結婚しても男女別々に行動したりってのもあるんでしょ。なんか日本でほんとにほけーって歩いてるよな、私。

 

男性が主権的な考えもまだある。

少しずつ、女性の活躍する場所が増えてるみたい。もともとのそこの文化で育つ女性って真面目で器用だから、発揮すると文化変わりそう。

一夫多妻にならずとも、生きていける場所ができるのだろうか。

 

お祈りの時間。

1日5回手足、口をすすぎ、清め祈ること

 

ん?なんか予防みたいやね。風邪のw

神様に祈りながら、清めることの大事さって

人に伝わってそうだね。

 

なんか、生きていくのに必死だから生命力が強そう。

日本にいると鈍るかもなあ。

鈍るって考えるのは、私の生命力もともと野生的なのかなとも考える。

 

また行きたい場所が増えちゃったな。

生命力ある限り、ふらっと行きたい。

 

 

 

インド以外の今日について【仕事】

衝撃的だったことは

 

何もたすけてあげられない

 

他人の辛いことについて。

 

職場で気を使いすぎて

 

鬱になる人いますか?

 

近くに愚痴を言える人はいますか?

 

はけ口はありますか?

 

発散できる場所はありますか?

 

日本って狭いよ。

 

狭すぎるよ。

 

仕事で笑顔になれない人を

 

どう救ってあげれるのだろう。

 

 

良い環境を自分が作れますように。

 

 

妄想準備が役に立つ。星野源みたい。

『ほんでさあ、マメコさん、海外好きなら他の国とかに行く仕事とかどーすかね?』

 

へえ〜!

 

あ、むしろそーゆうアクティブ系すげー好きです。

 

Netflixを暇な時ガンガン見る生活も好きだけど

 

仕事だとガツガツ意味なく外あるきたい。

 

 

『イメージ、バイヤーとか。』

 

「え、私の履歴書確認してくださいw」

 

『いや、マメコさんならいけそう。教えるし』

 

バイヤーって響き(ほんまそれだけ)が結構好きなだけに、

 

どーやってもバイヤーにはなれないだろって人生妄想でいーやとか考えてた。

 

「妄想の中ではかっこいい仕事ですよね」

 

『まあ考えといて!まずは飯とかだよ。飯ってやっぱ大事なんだよね〜。』

 

どうやら飯がまずいせいで、色々上手くまわってないようだ。

三代欲求恐るべし。

 

『で、サポートはするけどまず色々準備してほしい。個人事業主とか、予防接種とか、電話とか。』

 

なんか色々やることありそうだな。

個人事業主の登録

予防接種

外国用携帯

免許

 

上記準備って、

やったことない、でもいづれはやるんだろうなとか妄想で準備してた。

 

とりあえず、英語の準備が含まれてないのは

なんか安心した。

いや、復習しとこう、、。

 

 

 

仕事に対してのこと。

とりあえず、面接させてもらった。

 

やることは何個かプロジェクトがあって

 

飲食じゃないこともする【予定】。

 

広く知識を必要とする。

 

でも私のガッツが通じたようです。

 

気合いだけは伝わりやすいかもしれない。

 

 

面接の前の電話って超大事なんだと再確認した。

 

電話の話し方で、声のトーンで、言い方で

 

人柄が見えてくるんすね。

 

 

そこで

 

この人に会ってみたい!なんて思わせることができたら

 

つまりそれ、どんな仕事でもうまくいくと思うんすよ。

 

無理無理なんて思わないで

 

なんでも飛び込むこと大事やなあ。

 

 

 

 

『インドのホテルで出してる日本食がまずくてね。まず、そこのチェックをお願いしたい。

その後に、ホスピタリティ、マネジメントetc...』

 

 

なるほど。

 

つまりこれは日本人が増えてきてるんだね〜。

 

確か、ルピーのお札もニュースで流れていたしなあ。

 

インドの経済がふくれてきてるんやね。

 

貰った仕事は引き受ける!

面白そうだなって仕事しかしない。

 

それが私のしたいこと。

海外事業・飲食関連・繋げ役

 

ピンときたものと、

話の流れがスピーディなもの

トントントンって仕事が進むものが好きですw

 

どこかが、滞り、動かすことも難しい場合は

 

私 は別のことを考える。

 

親父から焦るなってよく言われてたので

最近は期限ちょい過ぎてもしっかり待つようにしてる。ズバズバ切るなってw

 

関わってる人柄が左右するよね。信頼大事。

 

と、いうわけで

準備をしなければ!

 

とにかく早く日本を出たい。

海外へ行く手段をねほりはほり探し

 

結局今の仕事をつづける

 

そんなのの繰り返しが

 

実は4.5年続いていたなあと

 

振り返った。

 

誰にも言ってないけど

 

こればかりやってて

 

いや、むしろ思い切って行けばなんかこのわだかまりスッキリするな

 

ワーホリでも

留学でも

どこでもいいや。

 

なにかきっかけさえあればなと

 

探してたけど。

 

 

 

まだバリスタへの気持ちや

飲食だけは離れたくないな

 

と、自分の気持ちも再確認できた。

 

 

 

それで今回、奇跡的に見つけた仕事が

 

飲食マネジメントだった。

日本食も沢山の企業が進出してますからね。

 

運よく、私の経歴をよく思って下さった方がいて

 

私は海外の話をいただいた。

 

【場所インドだけどネ】

 

インド・・・

 

 

 

 

インド?

 

 

 

インド(´-`)うーん。

 

近しい友人に今回のことを話すと

 

大抵

 

インド?!

 

みたいな返しがくる。

 

普通、海外赴任って聞くと

 

かっこいい!

行きたい!

遊びにいくね!

 

の、ような反応だけど

 

今のところ

 

インド?!!え?!

 

って必ず再確認されるから

 

インドのイメージって、日本人は大抵同じこと考えてるよね。

 

確かに

インドの印象って悪いよな、、

 

汚い

汚い

汚い

 

 

注射うっとけよって言われるし。

 

ただ、

日本企業はかなりインドに進出してまして

今後10年の伸び率はすごいとか。車とか。?

 

虫が苦手だけど

苦手より想像以上だよな。

 

 

今回私にお仕事を依頼してくださる方は

 

最初は男性を考えていたらしい。

 

そりゃそうだ。

 

普通の感覚で

 

日本の女性1人とか

 

あぶないよね。 

 

ただ、今回現地のママと呼ばれる、

以降、私の上司になる人が

 

私に興味をもったようで。

 

そんなこんなで

私も話を詳しく聞くことにした。

 

汚いし

危ないし

虫だし

 

けれど、私の中は結構固まってて

 

これ楽しそうだな

 

と心の中でつぶやいてる。

 

とにかく早く日本を出たい。

 

10年くらい前も同じこと考えてたので

 

きっと行き先は海外なんだろね。

 

 

 

 

 

2016年12月31日の夢

毎年実家の青森に帰るのは、日課で

去年の年末は特別だった。

 

東京で青森のイベントをやる準備をしていた。

 

その為、先にアポをとり年末にご挨拶や商品の打ち合わせをしよう!と意気込んでいた。

 

看板を描いてくださる方

ケーキを焼いてくださる方

場所を借してくださる方へ

 

お願いしていた人は既にいらっしゃり

 

後戻りできない状態だった。

 

日にちがせまっている。

 

今後こうしたい、ああしたいと考えていた。

 

-------------------------------------------

 

2016年 12月31日

悪夢をみた、、、。

どんな夢かはどうしても思い出せない。

けれど、起きた時の恐怖の余韻が物語ってた。

 

起きた時に、ふと今後のことが気になった。

 

脳の中の私が恐ろしいことをつぶやく。

 

『東京でイベントをやるのは今後に繋がらない』

 

なんというコトを!!!

 

ただ、その瞬間、スッキリした。

 

もしかしたら

思っていたことを封じていたかもしれません。

 

イベントはできる。

 

でも自分の今後に繋がらない。

 

『誰かのためになれることは素敵なこと』

これはあてはまるけど

 

『自分のためになること』

これが低かった。

 

やりたいことかな?

 

そう感じた時

 

これではないと思った。

 

【明日死ぬならどうするか】

 

単純ですが、この問いをした時に

 

私は海外のことを考えた。

 

 

 

 

 

インドまで行くのだ

はじめまして。

インドに旅立ちます。

mamecoと申します。

 

現在29歳

独身

好きな食べ物 プリン

 

大学を卒業して

とにかく自由な生き方に目覚めた、、というより

海外で仕事をしたい

 

と準備してたのか、遊んでたのか

彼此、7年という月日が流れた。

東京でバリスタとして仕事をしていたある日

 

ふと、7年前のことを思い出し

とりあえず、バリスタだけの人生を辞めようと

2017年始まって早々思いました。

 

そんな私のインドまでの道のり、準備などをつらつら書きます。

 

宜しくお願いします。